表彰事業

表彰事業

優秀省エネ機器・システム表彰制度

優秀省エネ機器・システム表彰制度

近年、地球環境保護の面からも省エネの推進は重要課題と位置づけられ、我が国では「2030年度に5030万klの省エネを目指す」長期エネルギー需給見通しを定めると共にこれを基に、2030年の温室効果ガス排出量を2013年度比で26%削減するという国際公約を掲げています。この達成には石油危機後並の大幅なエネルギー消費原単位の改善が必要であり、産業分野における省エネ推進、CO2排出抑制が引き続き重要な課題となっています。そのため、「優秀省エネ機器・システム表彰」では令和2年度から省エネルギー機器・システムだけでなくCO2排出抑制技術に関わる機器・システムも表彰の対象とします。多数の皆様の応募を期待しています。

ロボット大賞

ロボット大賞

 産業・公共・生活分野で当該年を含む概ね3年間以内に国内で開発、もしくは利用・運用されたロボットのうち、優れたものを称える「ロボット大賞」表彰事業(平成18年度創設)を経済産業省、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省との共催、各機関の協力の下に行っています。ロボット大賞の表彰位は、経済産業大臣賞、総務大臣賞、文部科学大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、国土交通大臣賞、中小企業庁長官賞、日本機械工業連合会会長賞、優秀賞となっています。実績のある優れたロボット/ロボットシステムに賞が与えられますので、歴史と実績のあるロボット表彰です。

ものづくり日本大賞

ものづくり日本大賞

我が国産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきた「ものづくり」を着実に継承し、さらに発展させるために平成16年度より創設された、製造現場のものづくり中核人材や「匠」の技を受け継ぐ人材のうち、特に優秀な人材を顕彰する「ものづくり日本大賞」が政府により実施されています。当会は、第1回は共催、第2回および第3回は広報事業を展開しました。(~第3回まで当会で担当)