理化学研究所 シンポジウム「富岳BEGINS~活躍の場を無数に広げて~」のご案内

2021年09月03日 理化学研究所 シンポジウム「富岳BEGINS~活躍の場を無数に広げて~」のご案内

 この度、理化学研究所 計算科学研究センターより当会へ、シンポジウムの広報依頼がありましたので、お知らせいたします。

  共用開始から半年、今まさに日本が誇るスーパーコンピュータ「富岳」の本格的な活用が始まりつつあります。この度、SDGs達成への貢献を念頭に、「富岳」による成果が期待されている様々な分野の中から都市インフラ、資源循環、次世代創薬などに焦点を当て、各分野のトップランナーとして活躍するビジネスパーソンと研究者を招いてトークイベントを開催します。ぜひご参加ください!

 https://www.r-ccs.riken.jp/sympo/fugaku-begins2021/

■主催 国立研究開発法人 理化学研究所 計算科学研究センター

■開催日時 2021年9月17日(金)13:00-17:50

■開催形式 Zoomウェビナーによる、ライブ配信(参加無料)

■主なプログラム

  ・パネルディスカッション01(13:10-14:20)

  「シミュレーション・ファーストな「まちづくり」~スマートシティとカーボンニュートラル~(仮称)」

  林 直孝 氏(㈱パルコ)、谷川 拓司 氏(ソフトバンク㈱)、柴崎 亮介 氏(東京大学 空間情報科学研究センター)、坪倉誠(理研R-CCS/神戸大学)、大石 哲(理研R-CCS/神戸大学)

・基調講演(14:25-15:00)

  「Beyond 5Gとサイバーフィジカルシステムが切り拓く未来の社会 ~安全安心なSociety 5.0の実現をめざして~」  徳田 英幸 氏 (情報通信研究機構 理事長)

・パネルディスカッション02(15:00-16:10)

  「HPCが起こす「食の革命」の可能性 ~バイオ・農業・資源循環~(仮称)」

  小林 憲明 氏(キリンホールディングス㈱)、市橋 泰範氏(理研バイオリソース研究センター)、

  三好 建正(理研R-CCS)、他

・パネルディスカッション03(16:15-17:15)

  「「富岳」によって加速する次世代創薬(仮称)」

  寺坂 忠嗣 氏(日本医療研究開発機構)、白井 宏樹 氏(アステラス製薬㈱)、榑林陽一 氏(神戸大学)、

  奥野 恭史(理研R-CCS/京都大学)

・まとめ(17:20-17:50)

  「「富岳」と「SDGs」サーキュラーエコノミーの実現に向けて(仮称)」

  朴 泰祐 氏(HPCIコンソーシアム理事長/筑波大学)、松岡 聡(理研R-CCS)、クロサカタツヤ 氏(㈱企(くわだて))

■参加費  無料

■申し込み 下記、特設サイトよりお申し込みください。https://www.r-ccs.riken.jp/sympo/fugaku-begins2021/