(一社)電子情報技術産業協会 新春「電子情報産業の世界生産見通し」講演会<オンラインリモート放映形式>のお知らせ

2020年12月18日 (一社)電子情報技術産業協会 新春「電子情報産業の世界生産見通し」講演会<オンラインリモート放映形式>のお知らせ

 平素は一般社団法人 電子情報技術産業協会の活動にご支援賜り厚くお礼申し上げます。

 さて、当協会では、内外の方々に広く電子情報産業の今とこれからをご理解いただくため、毎年、電子情報産業の世界生産見通し(赤本)をとりまとめておりますが、年明けの1/20(水)にオンラインリモート放映形式にて講演会を開催する運びとなりましたのでご案内をさせて頂きます。

 この赤本は、JEITA各部会より製品分野別の27委員会・団体(外部8団体を含む)、からの協力を得て、JEITAの総力をあげ、とりまとめたものです。

 本講演会では、2020年の現状と2021年の見通しについて電子情報産業全体を総括するとともに業界を代表する各製品分野について市場トピックスを分かりやすく解説致します。

 また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大の中で私たちの社会は、経済封鎖や非常事態宣言が解除された後も変わることはなく、感染症と共存する社会への早急な転換が迫られています。感染防止の必要性から、様々な分野で対面によるコミュニケーションは最小限となり、リモートでのコミュニケーションが拡大するにつれ、機械やモノがネットワークでつながり人のコミュニケーションをサポートするケースが日常的なものとなってきています。また、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保するために、遠隔操作をはじめロボットやAIによるITリモート技術も必須の技術となってきております。

 今回の注目分野調査では、ITリモートに焦点を当て、データ量の拡大によるインフラの整備、人との結節点となるIoT機器やデータを利活用するためのソリューションサービスの2030年までの世界需要見通しをまとめました。さらに、「密」や「接」を軽減し、どのように人々の豊かな生活を実現しSDGsへ貢献していくのか、今までとはまったく違う未来が訪れる可能性があるニューノーマル(新常態)を想定し、イラストを用いて「ITリモートによる未来像」をとりまとめました。

 内容充実のオンラインリモート放映形式の講演会となっておりますので、是非、ご参加いただければ幸いです。

■お問い合わせ先: JEITA 政策渉外部 調査統計担当 高瀬・小島・早川

問合せ先/参加申込アドレス: seminar1@jeita.or.jp

------------------<講演会概要>----------------------------

<オンラインリモート放映形式講演会 開催概要>

■日   時■ 2021年1月20日(水)13:30~16:45

■開催形態■ オンラインリモート放映形式

■参 加 費■ 一般13,200円、会員6,600円(税込)

※参加申し込みいただいた方には、当日の講演資料のPDFと共に「電子情報産業の世界生産見通し2020」と「注目分野に関する動向調査2020」の冊子のPDFを差し上げます。

 

☆    講演会のプログラム等の詳細については、(一社)電子情報技術産業協会の下記、公式HPをご参照ください。

 申込みサイト  https://www.jeita.or.jp/japanese/exhibit/2021/0120/