日本精密測定機器工業会 第2回ものづくりセミナー「計測機器の正しい使い方とその校正について」

2019年09月27日 日本精密測定機器工業会 第2回ものづくりセミナー「計測機器の正しい使い方とその校正について」

 

 日本精密測定機器工業会では、下記の通り第2回ものづくりセミナー「計測機器の正しい使い方とその校正ついて」、を開催いたします。この機会に、是非、会場へ足をお運びいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 

 日      時 : 2019年11月20日(水) 13:00~17:00 (受付開始12:30)

会      場 : 北越銀行 本店 2階講堂(新潟県長岡市大手通2-2-14) 長岡駅より,徒歩5分

入  場  料  : 無料。ただし、テキスト代として500円申し受けます。

          日本精密測定機器工業会会員及び賛助会員は、テキスト代も無料です。

定      員  :  180名(先着順)。

          定員を超えた場合には,同一企業様からの人数を制限させていただくことがあります。

 

日本精密測定機器工業会第2回ものづくりセミナー : 計測機器の正しい使い方とその校正について

 

第1部 13:00~14:30  「モノづくり現場の計測管理」

 計測はモノづくり現場のあらゆる場面で行われている。しかし,計測管理は意外にやれていない。「計測管理がやれている(できている)状態とは?」本セミナーでは,そんな疑問に分りやすく応える。

 講 師:株式会社 三弘 顧問 大竹英世 氏(元 トヨタ自動車(株) 計測技術部)

第2部 14:45~16:00  「スモールツールの管理と校正」

 スモールツールと呼ばれるノギス,マイクロメータや基準器となるブロックゲージなどは身近に使われているにもかかわらず,正しい使い方,校正を含む管理方法が普及しているとは言い難い。本セミナーでは,改めてその正しい使い方から管理方法までを再確認する。

 講 師:株式会社 ミツトヨ 計量標準室 室長 鳴海達也 氏

第3部 16:00~17:00  「精密定盤の管理と利用方法」

 精密定盤は正しく平らな平面に仕上げられ,測定や組立の基準面として使用されている。平面の測定方法や,定盤を利用した測定,平面を長く保証するための工夫や用途に合った定盤の選び方について学ぶ。

 講 師:株式会社 大菱計器製作所 技術設計課 課長 池内克徳 氏

 お申込は、日本精密測定機器工業会のHP(http://www.jpmia.gr.jp/information/)から、申込用紙をDLして、メールでお送りください。