モノづくり日本会議/日刊工業新聞社 第15回/2018年「"超"モノづくり部品大賞」のお知らせ

2018年04月13日 モノづくり日本会議/日刊工業新聞社 第15回/2018年「"超"モノづくり部品大賞」のお知らせ

 日刊工業新聞社より、第15回/2018年「"超"モノづくり部品大賞」の実施についての広報依頼がありましたので、お知らせします。

 

第15回/2018年「"超"モノづくり部品大賞」のご案内

主催:モノづくり日本会議/日刊工業新聞社

後援:経済産業省/日本商工会議所(予定)

 

 モノづくり日本会議と日刊工業新聞社は、完成品の一部として優れた機能を発揮しながらも、一般には知られていない部品・部材を広く世の中に知らしめ、その功績を称える賞として「"超"モノづくり部品大賞」を実施しています。部品・製品の認知度を高め、モノづくりの現場に携わる方々を元気づける賞であり、ご活用いただければ幸いです。

 今年から応募対象を拡大し、「機械・ロボット」「電気・電子」「モビリティー関連」「環境・資源・エネルギー関連」「健康福祉・バイオ・医療機器」「生活関連」の6分野に関する部品・部材を募集いたします。多数のご応募をお願い申し上げます。                             「"超"モノづくり部品大賞」サイト:http://www.cho-monodzukuri.jp/award/

 

■開催概要

主  催:モノづくり日本会議/日刊工業新聞社         後  援:経済産業省/日本商工会議所(予定)

募集締切:6月29日(金)                      審査期間:7月~9月

受賞発表:10月を予定  (日刊工業新聞紙面、モノづくり日本会議ホームページで発表)

賞  金:大賞30万円、各部品賞10万円

表  彰:優秀部品30件程度に「部品賞」を授与し、賞金を贈呈します。「部品賞」の中で特に優秀と認めたものには「部品大賞」を贈ります。選定の「部品大賞」には賞金30万円、「部品賞」には賞金10万円を贈ります。「部品大賞」など特に優れた部品を対象に、開発企業の想いや部品の特徴を紹介する映像を制作し、贈賞式などで上映します。贈賞式は東京都内で開催します。昨年の様子は日刊工業新聞電子版をご覧下さい。(https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00453664

「部品大賞」をはじめとする受賞企業が登壇する特別講演を「モノづくりマッチング  Japan2018」(会期:2018年10月17日(水)~19日(金)、会場:東京ビッグサイト、主催:日刊工業新聞社)で実施します。

http://biz.nikkan.co.jp/eve/match/

 

■応募要件

・2017年1月以降に開発終了・製品化されたもの。     ・原則として販売・納入実績のあるもの等。

※応募要件の詳細にきましては、専用サイトをご覧ください。

 http://www.cho-monodzukuri.jp/award/application/index.html

 

≪ お問い合わせ先 ≪────────────────────────

日刊工業新聞社 「モノづくり日本会議事務局」

TEL :03-5644-7608  FAX :03-5644-7209

住 所:東京都中央区日本橋小網町14-1(住生日本橋小網町ビル 3F)

E-mail:monodzukuri@media.nikkan.co.jp       URL:http://www.cho-monodzukuri.jp/