厚生労働省「介護ロボット開発に関するニーズ・シーズ マッチング支援事業」について

2022年06月17日 お知らせ 厚生労働省「介護ロボット開発に関するニーズ・シーズ マッチング支援事業」について

 この度、厚生労働省より当会へ、表題の内容の周知依頼がありましたので、お知らせいたします。

 厚生労働省では、「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業」の一環で介護現場の課題(以下、ニーズ)と開発企業の要素技術及び周辺技術等(以下、シーズ)のマッチング支援を行う取り組みとして「介護ロボットのニーズ・シーズ マッチング支援事業」を令和3年度より開始しています。このたび令和4年度の事業が開始されましたので、お知らせいたします。

 本事業では、企業の参入検討・開発・製品の普及を支援するため、介護現場の課題や実際の介護現場で機器の効果等を検証することが出来る実証フィールド等を紹介いたします。本年度は、昨年度公開された介護の現場の課題の一覧(以下、ニーズリスト)を拡充し、新たに開発企業と介護ロボットの販売・アフターサービス事業者とのマッチング支援が始動いたします。

 また、今後介護ロボット業界についてわかりやすく解説した新しいコンテンツも追加する予定です。既に介護ロボットを開発している企業のみならず、介護ロボットの開発を検討している企業も参画可能です。

ホームページはこちら→https://www.kaigo-ns-plat.com/

 詳細は添付の本事業概要及び、事業紹介リーフレットをご覧いただきますようお願いいたします。

 また本事業に関するお問い合わせは、以下までお願い致します。

■お問い合わせ

厚生労働省 老健局高齢者支援課 担当 : 佐々木 E-mail :kaigoseisansei@mhlw.go.jp