日米貿易協定及びデジタル貿易協定交渉合意に係る大宮会長のコメントについて

2019年10月01日 お知らせ 日米貿易協定及びデジタル貿易協定交渉合意に係る大宮会長のコメントについて

2019年10月1日

一般社団法人 日本機械工業連合会

 

 今般、日米貿易協定及びデジタル貿易協定交渉が最終合意に至ったことを高く評価し、安倍総理を始め日本政府関係者の尽力に感謝し敬意を表する。

 日米貿易協定は、両国で世界GDPの3割を占める日米間で、機械分野を含め広範な関税撤廃を実現するものであり、我が国機械産業の貿易更には投資の発展に大きく寄与すると考えられる。今回継続課題とされた自動車・同部品の分野での迅速な交渉進展を期待する。

 また、もう一つの合意であるデジタル貿易協定は、急速に進展するデジタル貿易に関し、日米で自由化と必要な規律について定めるものであり、我が国機械産業にとっても意義が大きい。今後、これが「信頼」に基づくデジタル貿易に関する国際ルール作りの基盤となることを期待する。

 今回の両合意を基礎として、両国関係が更なる発展を遂げること、自由貿易体制がより堅固となることを期待し、この日米合意の出来る限り早い発効を望む。

                                    以上

(参考) 日米貿易協定合意等に関する情報は、次の経済産業省ホームページにアクセスください。

  https://www.meti.go.jp/press/2019/09/20190926006/20190926006.html