ISO/TC199

Safety of Machinery(機械類の安全性)

 

1. ISO/TC199とは?

 ISO/TC199とは、ISO(国際標準化機構)の国際標準(ISO規格)の作成作業を分担して行うTC(専門委員会)の一つで、機械類の安全性に関する規格を作成するTCである。その作業範囲はISO/IECガイド51(規格に安全面を導入するためのガイドライン)に示される範囲で、用語、方法論、各種ガードや安全装置に関する基本概念および一般原則を規格化する。

 これらの規格はA規格(基本安全規格)、B規格(グループ安全規格)であり、C規格(個別安全規格)はその対象から除外している。

 日機連では、平成4年より、ISO/TC199の国内審議団体として活動している。

2. 設 立 1991年
3. 議 長 Mr Otto Gӧrnemann(ドイツ)
4. 幹 事

Mr.Dr.rer.nat Christian Thom(ドイツ)

5. メンバー国

Pメンバー(投票権あり。25カ国) 
Oメンバー(投票権なし。26カ国)

6. 組織構成 下部組織として次がある。
WG 3  Safety of integrated manufacturing systems
WG 5  General principles for the design of machinery and risk assessment
WG 6  Safety distances and ergonomic aspects
WG 7  Interlocking devices
WG 8  Safe Control Systems
WG10  Fire prevention and protection
WG11  Permanent means of access to machinery
WG12 Human-machine-interactions
7. 連携TC

ISO TC23/SC14, TC 39/SC 10, TC 43/SC 1, TC 72/SC 8, TC 82, TC 110/SC 2, TC 110/SC 4, TC 127, TC 131, TC 159, TC 159/SC1, TC 159/SC 3, TC 178, TC 184/SC 1, TC 192, TC 270, TC 293, TC 299, TC306

TC 44, TC 56, TC 65, TC 116

8. TC199から        の連携TC

ISO/TC39/SC10, TC43/SC1, TC72/SC8, TC96, TC127,TC131, TC159, TC159/SC1, TC159/SC3, TC159/SC4,

TC178, TC192, TC195, TC270, TC293, TC299, TC313

9. 関連機関 CI
10. 作成規格等 ISO/TC199の規格一覧と作業状況(PDFファイル145KB)
11. 日本のミラー
   コミティー
事務局:(一社)日本機械工業連合会 標準化推進部
議長:山田 陽滋(名古屋大学大学院 教授)
副議長:齋藤 剛(独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所)
幹事:宮崎浩一(日機連) 
ISO/TC199に関する問い合わせ先はこちら