平成27年3月13日付週報記事

平成27年3月13日付週報記事

 

日機連、ドイツへ視察団を派遣
―ドイツ連邦経済エネルギー省、VDMA等と意見交換
 
 

 当会は、3月1日(日)~3月8日(日)、ドイツに視察団(団長: 伊藤源嗣・日機連副会長(㈱IHI相談役))を派遣した。2007年より今後成長が見込まれる新興国を中心に海外視察団を派遣してきたが、近年、欧米にてICTと製造の融合による製造業の新潮流が動き出す中、ドイツの「Industry4.0」が世界的に注目されており、また、昨年6月、当会のドイツにおけるカウンターパートのVDMA(ドイツ機械工業連盟)のフェステゲ会長が来日時に今後の両団体交流の促進が約束されたことが、今回のドイツ派遣に繋がった。

 視察団は、ドイツ政府、日本国大使館、現地団体・企業等を訪問し、政府高官や団体幹部と懇談を行った。懇談では、現地側から経済状況や産業政策の他、「Industry4.0」に関する取組み等に関する説明が行われ、日機連から本年度より開始した「世界の製造業のパラダイムシフトへの対応調査研究」の取組みと政府のロボット新戦略の概要について説明、意見交換を行った。

 

 

岡村会長(右側)とDr.フェスラゲVDMA会長