平成28年度 複合的作業空間におけるシステム開発に関する補助事業

平成28年度 複合的作業空間におけるシステム開発に関する補助事業

JKA補助事業

補助事業番号: 28-6
補助事業名: 平成28年度複合的作業空間におけるシステム開発に関する補助事業
補助事業者名: 一般社団法人 日本機械工業連合会

1.補助事業の概要

(1)事業の目的

 ヒューマンエラに起因する人命事故の防止のため、IDタグやカメラによる個人認証システム(入退出管理)を用いた安全確保システム(支援的保護装置)を開発し、従来の安全管理とともに使用することで、産業事故の減少につなげることが目的である。

(2) 実施内容

 複合的作業空間における安全確保システム開発部会を設け、その下にリスクアセスメント検討WG、規格検討WG、実証実験WGを設けて検討及び検証を行った。

 平成28年度は全17回の会合(部会及びWG)を開催し、平成27年度に引き続き、安全確保の支援システムとして設定した「支援的保護システム」の実際の生産現場における有効性をデータで確認するため、協力メーカの生産ラインにおいて実証実験を行い、本システムの国際規格案を作成し、ISO/TC199(機械類の安全性)に提案した。 

   

国内会議風景 国際会議風景
開発部会・会議風景 開発部会(実証実験WG)・会議風景

 

2.予想される事業実施効果

 IDタグやカメラを用いたハードによる対策は開発されておらず、本システム(支援的保護装置)の開発は我が国のみならず世界的にも初のものとなるため、多くの生産現場においてヒューマンエラに起因する人命事故の防止に役立つと予想される。

 

3.補助事業に係る成果物

  平成28年度複合的作業空間における安全確保システム開発に関する報告書

報告書表紙 報告書目次1 報告書目次2

 

4.事業内容についての問い合わせ先

団体名: 一般社団法人 日本機械工業連合会(イッツパンニホンキカイコウギョウレンゴウカイ)
住所: 105-0011
東京都港区芝公園三丁目5番8号 機械振興会館
代表者: 会長 大宮 英明(オオミヤヒデアキ)
担当部署: 標準化推進部(ヒョウジュンカスイシンブ)
担当者名: 課長 吉田重雄(ヨシダシゲオ)  
電話番号: 03-3434-9436(標準化推進部)
FAX: 03-3434-6698(業務部、企画部、標準化推進部)
E-mail: hyojun@jmf.or.jp (標準化推進部)
URL: http://www.jmf.or.jp


リングリングプロジェクト
この事業は、競輪の補助金を受けて実施したものです。