平成28年度 ロボット産業・技術振興に関する調査研究等補助事業

平成28年度 ロボット産業・技術振興に関する調査研究等補助事業

JKA補助事業

補助事業番号: 28-5
補助事業名: 平成28年度 ロボット産業・技術振興に関する調査研究等補助事業
補助事業者名: 一般社団法人 日本機械工業連合会

1.補助事業の概要

(1)事業の目的

 「ロボット大賞」表彰事業は、平成18年度から実施されている。本事業は、①優秀事例を表彰することによりロボット関係者にモチベーションを与える②ベストプラクティスの紹介によりロボット技術の普及を図る③ロボットの社会実装による新社会システムの実現④ロボットの実用化促進、研究開発の高度化、人材育成等を目的としている。

 

(2) 実施内容

 「ロボット大賞」表彰は隔年で実施しているが、平成28年度は「第7回ロボット大賞」表彰を行った。

①  共催者の拡大:平成26年「第6回ロボット大賞」までは、経済産業省と日本機械工業連合会が共催で「ロボット大賞」表彰事業を実施してきた。平成28年「第7回ロボット大賞」では、新たに総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省が共催者に加わった。

②  表彰位の拡充:大臣賞として、経済産業大臣賞に加え、総務大臣賞、文部科学大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、国土交通大臣賞を新たに創設した。

③  募集部門・募集分野を拡充

募集部門・募集分野を縦横のマトリックス区分とし応募しやすいものとした。

募集部門:(A)ビジネス・社会実装部門 (B)ロボット・システム部門

     (C)要素技術部門 (D)研究開発部門 (E)人材育成部門

募集分野:(1)ものづくり分野 (2)サービス分野 (3)介護・医療分野

     (4)  インフラ・災害対応・建設分野 (5)農林水産業・食品産業分野

④  協力団体を拡充

 表彰位の拡充に伴い、より幅広い業界・分野から協力を得るために、協力団体を10団体から52団体に拡充した。

⑤  募集期間:4月28日~6月30日    

⑥  応募数:151件(2年前の「第6回ロボット大賞」の86件から大幅な増加となった)

⑦  ロボット大賞審査・運営委員会及びロボット大賞ノミネート委員会の開催

 ロボット大賞審査・運営委員会を計4回開催し、「ロボット大賞」実施要領、審査要領、募集要項等の検討・作成、応募案件の一次審査(書類審査)⇒現地調査⇒プレゼンテーション審査を行い各表彰位案の決定を行った。

ノミネート委員会は優れた案件を積極的に発掘する意図から設置され、18件のノミネート(発掘・応募推薦)を行った。その内、4件が受賞に至った。

審査・運営委員会

 

⑧ 「第7回ロボット大賞」受賞一覧

 http://www.robotaward.jp/winning/index.html

 ⑨  表彰式:東京ビッグサイト東3ホールのメインステージにおいて、第7回ロボット大賞(経済産業大臣賞、総務大臣賞、文部科学大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、国土交通大臣賞)、最優秀中小・ベンチャー企業賞(中小企業庁長官賞)、日本機械工業連合会会長賞(2件)、審査員特別賞(2件)、と優秀賞(4件)件の表彰を行った。

 「第7回ロボット大賞」表彰式

 http://www.robotaward.jp/news/index.html#N20161019

 
表彰式   表彰式

 

⑩  受賞ロボット展示会

  平成28年10月19日~10月21日、東京ビッグサイト東3ホールの展示会場において、今回受賞した各ロボットを展示した。本展示は「Japan RobotWeek2016」の一環として行われたが、同展の入場者数は前回(平成26年開催)の16,626人から29,260人と大幅に増加した。

 

受賞ロボット 受賞ロボット 受賞ロボット

 

2 予想される事業実施効果

①  優秀ロボットの表彰による開発意欲の向上及びロボットユーザーの導入意欲の向上への貢献

②  ロボットによる「生活の質の向上」への貢献

受賞は従来の主流であった産業用(製造業用)ロボットのみでなく、介護・医療分野、農林水産業・食品産業分野、研究開発部門、人材開発部門など幅広い範囲からの応募及び受賞となった。本表彰事業は、ロボットによる「生活の質の向上」に貢献している。

 

 

3.本事業により作成した印刷物

(1)補助事業により作成したもの 

①「第7回ロボット大賞」募集リーフレット

②「第7回ロボット大賞」ガイドブック

 

③  「第7回ロボット大賞」事業報告書

 

 (2)(1)以外で当事業において作成したもの 

     該当なし。

 

4.事業内容についての問い合わせ先

団体名: 一般社団法人 日本機械工業連合会(イッツパンニホンキカイコウギョウレンゴウカイ)
住所: 105-0011
東京都港区芝公園三丁目5番8号 機械振興会館
代表者: 会長 大宮 英明 (オオミヤ ヒデアキ)
担当部署: 業務部(ギョウムブ)
担当者: 水嶋 清孝(ミズシマ キヨタカ)  
電話番号: 03-3434-5383
FAX: 03-3434-6698
E-mail: kiyotaka_mizushima@jmf.or.jp
URL: http://www.jmf.or.jp


リングリングプロジェクト
この事業は、競輪の補助金を受けて実施したものです。