優秀省エネルギー機器のマークを創設(週報第2706号掲載記事)

優秀省エネルギー機器のマークを創設(週報第2706号掲載記事)

○ 優秀省エネルギー機器のマークを創設(週報第2706号掲載記事)

日機連では、来年度に優秀省エネルギー機器表彰制度発足30周年という節目を控え、省エネルギー機器の更なる普及と発展を期して、優秀省エネルギー機器のマークを創設した。

 

 
 

 

デザインは、青色の球を中心に、その周りを緑と青とオレンジ色の三つの円弧が渦状に取り囲んだものとなっており、これには2つの意味が込められている。

一つは、機械的、電気的及び熱的側面からの省エネ方策を有効に組み合わせ、最大限の省エネルギーを達成しようということ、もう一つは、中心の球を地球に見立て、この地球が緑麗しく、水清らかで、快適な気候を保持できるように、省エネルギー技術で支えようという願いである。

本マークが受賞された製品に貼付されて当該製品の普及につながるとともに、皆様に愛され親しまれることで本表彰制度のPRにも寄与するものと期待している。