表彰への思い

 地球規模の課題の解決のために、我が国では「2050年にカーボンニュートラルを目指す」ことを宣言しています。また、この目標と整合的で野心的な目標として、2030年度において、温室効果ガスの2013年度からの46%削減を目指すことを宣言するとともに、さらに、50%の高みに向け、挑戦を続けていく決意が表明されています。この目標を達成するには、産業分野において、積極的な省エネの推進と温室効果ガスの排出削減が求められます。

 本表彰はこうした課題に対応して、優れた産業用の省エネルギー機器・システム、または脱炭素に効果的な機器・システムを開発、実用化し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献していると認められる企業、団体及び個人を表彰し、その一層の開発を促進しようとするものです。